いい話

1945年クリスマス、長崎に響いた平和の鐘 

「長崎の鐘」(浦上天主堂のアンジェラスの鐘)は、平和の象徴です。

そう言われても、若い方はピンとこないかもしれません。その理由を体験談として語ることのできる人々のほとんどは、亡くなってしまいました。

私自身も生まれる前のことなので、間接的に知りえたことです。ただ、長崎には三十五年間住んでいたので、特別な思い入れはあります。

風化させてはいけない歴史。子どもたちにも、世界中の人々にも、伝えていかなければならない話です。

 

焼け野原に響く鐘

一九四五年の夏、長崎の浦上は見渡す限り焼け野原になっていました。

八月九日に落とされ、約七万四千人の死者を出した原爆のためです。

生き残った人々は心や体に傷を負いながら、秋にはバラック小屋を建て、肩を寄せ合って暮らしていました。

その年のクリスマス・イブの日、倒壊した天主堂の瓦礫の下から、永井隆博士らの提案で鐘が掘り出されます。

戦時中は鳴らすことが禁じられていた天主堂の鐘。原爆で破壊されたと思われていた鐘が、奇跡的に二つのうち一つは無事だったのです。

夜十一時半、満天の星空の下、クリスマスミサの前に、鐘の音が鳴り渡りました。

久しぶりに天主堂の鐘の音を耳にした人々の喜びは、いかばかりだったでしょう。

原爆で家族や家、財産を失い、生きる力をなくしていたある人は、突然、聞こえてきた鐘の音が、「辛くても生きていきなさい、という励ましの声に聞こえた」と証言しています。

鐘を掘り出した青年の一人、山田市太郎さんも、軍隊に服役中、妻と五人の子供たち、家、財産の一切を奪われた人です。

「もう生きる楽しみはなか」と苦悩しますが、生き残った者の使命を永井博士から説かれ、浦上再建のために、祈りながら働くことを決意していました。

あのイブの日に、万感の思いを込めて鐘を鳴らしたのは、この市太郎さんです。

ちなみに、自身も愛妻と家、財産を奪われた永井隆博士は、著書『長崎の鐘』にこう書いています。

「カーン、カーン、カーン」澄みきった音が平和を祝福してつたわってくる。事変以来長いこと鳴らすことを禁じられた鐘だったが、もう二度と鳴らずの鐘となることがないように、世界の終わりのその日の朝まで平和の響きを伝えるように、「カーン、カーン、カーン」とまた鳴る。

人類よ、戦争を計画してくれるな。原子爆弾というものがある故に、戦争は人類の自殺行為にしかならないのだ。原子野に泣く浦上人は世界に向かって叫ぶ。戦争をやめよ。

ただ愛の掟に従って相互に協商せよ。浦上人は灰の中に伏して神に祈る。ねがわくば、この浦上をして世界最後の原子野たらしめたまえと。

 平和への願いをこめて

戦後七十年以上を経て、あの日のクリスマスを体験した人はほとんどいなくなりました。けれども、多くの人々の祈りをこめて、アンジェラスの鐘はいまも鳴り響いています。

鐘が鳴る、ただそれだけの当たり前のことを、当時の人々は、どれほど願い、どれほど待ちわびていたのでしょうか。

響き渡る鐘の音を通して、平和の喜びが、聞く人の心に、どれほど深く、どれほど豊かにもたらされたのでしょうか。

平和とは、何でしょう。

それは戦いがないこと。

戦争に行かなくてもよいこと。

家族がいること。

家があること。

ごはんが食べられること。

教会の鐘を鳴らしても良いこと。

現代の私たちにとって、平和とは、何でしょうか

【出典】絵本『1945年のクリスマス ながさきアンジェラスのかね 』