口ぐせ

言葉で元気になる!運が良くなる!3つの例

元気になって、運が良くなる言葉ってあるのです。

逆に元気がなくなって、運が悪くなる言葉もあります。

そういう言葉を元気になって、運が良くなる言葉に変えていきましょう。

3つほど、例をあげます。

「当たり前」→「有り難い」「ありがとう」

蛇口をひねれば水が飲めること。

電気が通って夜でも明るいこと。

新鮮な空気を胸いっぱい吸えること。

当たり前でしょうか?

でも、本当は当たり前なんかではないですね。

震災が起こる度に、私たちはそれらがいかにありがたいことか、わかります。

水も電気も空気も私たちには大変貴重なもので、決して当たり前にあるものではなかったのです。

家があること、家族がいること、学校があること、友だちがいること、職場があること、仕事仲間がいること。

失ってみて、痛いほどわかります。ぜんぶ当たり前ではなく、有り難いことだと。

愛する人の命が消えそうなときに人はその尊さ、ありがたさを知るといいます。

ですから、人の命も、自分の命も、体も心も、当たり前ではなく、ぜんぶありがたいものなのです。しかも無償でいただいたものなのです。

「感謝」の反対の言葉は「当たり前」だと言われます。

いまあるものを「当たり前」だと思っていれば、感謝する気にはなれないでしょう。

でも、「当たり前」だと思ってきたものを「ありがたい(有り難い)」ものだと感謝するようになれば、心は変わります。

不満や怒りは消えていき、私たちの平凡な日常生活の営みは、実はなんて恵まれているんだろうと思えてきます。

「有り難い」を口ぐせにすると不平不満が消えていきます。

いろいろなことに気づき、感謝の気持ちがわいてきます。

何も悪いことが起こらない日常は、本当は当たり前じゃない。

すごく恵まれたこと有難いことだと。

「有り難い」を口ぐせにすると不平不満が消えていきます。

ごはんは食べられるのも「有り難い」、本が読めるのも「有り難い」

生まれてきたのも、「有り難い」、家族がいてくれて、「有り難い」

「有り難い」はいっぱいあることに気づきます。

PR

「運が悪い」→「ラッキー!」「ついてる」「運がいい!」

「自分は運が悪い」と言う人は、愚痴や文句が多く、元気がありません。

仕事や物事がうまくいかないのも、病気になったのも、運のせいにしますが、本当はそうではないでしょう。

「運が悪い」と言っている限り、自分の努力不足に気づかないし、認めないのです。

そういう人に大事な仕事を頼む人はあまりいないでしょう。

まわりの人は悪運にまきこまれないように、遠ざかっていきます。

 しかし、「自分は運がいい」と言っている人は、ますます運はよくなります。

 経営の神様、松下幸之助氏は、入社試験のときに、「あなたは運がいいほうですか?悪いほうですか?」と聞いて、「運がいい」と言う人を採用しました。

 なぜかというと、松下さんをはじめ、成功者と言われる人、成長していく人は「自分は運がいい」と言う人が圧倒的に多いからです。

「自分は運がいい」と言う人は、自分自身の実力はたいしたものでないと謙虚に認め、親やまわりの人たちのおかげで成功できたと感謝しています。

 まわりへの愚痴や不平不満は言わずに、むしろ感謝しながら努力していきます。

 そういう人となら、共に仕事をしてもうまくいくのです。

繰り返しますが、「運がいい」と言っていると、運は良くなります。

「ついている」「ラッキー!」も運は良くなります。

 実際、小さなラッキーは、1日に何度も起こっています。

それを見逃さないで、「運がいい」と認めることが大切です。

 そうすると、ますます良いことが起こります。

「ラッキー!」「ついてる」「運がいい!」

 言ってると、どんどん良いことが見つかります。

 自分が恵まれていることに気づきます。

 感謝の気持ちが湧いてきます。

 生まれてきただけで「ラッキー!」と思えるようになります。

「最低」「最悪」→「きっとよくなる」「もっとよくなる」

 人生をうまくいかせるためには、否定的な言葉をほとんど使わない方が賢明です。

「最低」「最悪」と嘆くだけなら、何も変わりません。

気持ちが暗くなるだけです。

やる気は起こりません。

もしいまが本当に「最低」「最悪」なら、これ以上悪くなるはずはありません。

悪くて現状維持、がんばればよくなります。

「最低、だから、これからはきっとよくなる」

「最悪、だから、これからはもっとよくなる」

「よくなる」と確信していると、どんどんうまくいくようになるのです。

起こり得ることすべてが、あなたにプラスに作用していきます。

 ちょっとしたアクシデントも、失敗も「きっとよくなる」と確信している人には、

のちのち全部プラスに転化します。 

いやなことがあっても、大きな失敗があっても、後で飛躍するためのバネになります。

「きっとよくなる」「もっとよくなる」のです。

いまの状態がどんなに悪くても、問題だらけでも、いずれ全部よいことに変わります。

「きっとうまくいく」「もっとよくなる」のです。

  何が起こっても、起こらなくても、すべてプラスに作用します。

 「きっとうまくいく」「もっとよくなる」のです。