いい話

夢を追いかけて (後半)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

夢を追いかけて (後半)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

前半で、小学5年生のときから

●「カナダのプリンス・エドワード島に行きたい」

●「本を1冊出版したい」

という夢をもっていた岸信子さんのお話をしましたね。

岸信子さんは、10人の子どもをもつ母親です。

今日は、その後半です。

では、続けます。

「決心」に至る岸さんの心境は次のようなものでした。

今、子育てに手一杯の現実で、夢を追いかけているとストレスが溜まるばかり・・・。

あれもできない、これもできないという理由を子どものせいにしている。

それは、おかしい。

大好きな人と結婚できて、3人の子どもに恵まれたのに、この現実を受け入れないのは、自分がよくない。

自分が変わろう。

岸さんの「決心」はこうでした。

「今しかできないことを楽しもう。この現実を否定してしまう夢なら、今は、ひとまず横に置いておこう。

(押入れにしまって、ガムテープをしておこう。)

大切なのは今、この時だから

岸さんはその決心を具体的な行動で表わしました。

そして、その行動を習慣としました。

それは、毎日「良かったノート」をつけるということです。

この「良かったノート」は、岸さんが小学5年生のときに、大好きだった物語『少女パレアナ』の少女パレアナに習って名づけたノートです。

『少女パレアナ』の主人公、パレアナはプラス思考の女の子です。

コップに少ししか水が残っていなくても、

「わあ、よかった。こんな暑いときに、水が飲めてうれしい!」

と言うような子なのです。

小学5年生の彼女は、自分もこんな女の子になりたいと思って、パレアナのように「良かったノート」をつけていたのです。

岸さんは、その当時の自分を思い出し、また毎日「良かったノート」をつけることにしました。

その「良かったノート」には、子どもたちのことが書かれるようになりました。

長男が今日、こう言ったとか、次男がこうして嬉しかったとか・・・

小さなうれしかったこと、良かったこと、面白かったことを見つけて書き留めておくのです。

たとえば、まだ幼い長男との楽しい感動的な会話。

あるとき、長男が聞きました。

「お母さん、どうして空にお星さまがあるか知ってる?」

「えっ、どうしてかな?・・・」

「お母さん、知らないの?じゃあ、教えてあげようか」

「うん、教えて」

「それはね・・・空がさびしくないようにだよ」

(この子って、なんて詩人なのー、と母はいたく感激)

その日の「良かったノート」に書きました。

また、次男との楽しい会話。

ある日、次男が叫びました。

「お母さん、大変だ、おっことしちゃた。」

「なに?なにをおこっとしたの?」

「鼻くそだよ」

「えっ?鼻くそ・・・」

この次男は鼻くそを丸める趣味があったのです。

「ああ、だいぶ大きく育てたのになあ」

「そ、そう。どこにいったのかしらね。見つからなかったら、また育てればいいじゃない」(笑)

こんな話を、その日の「良かったノート」に書きました。

そうしているうちに彼女は気づきます。

子どもって、大人と全然違う発想をする。何て面白いんだろう。何てユニークなんだろう。何て可愛いんだろう。

子どもという時期は、今しかない。子育ては今しかできない。

「良かったノート」は3年間続けました。

毎日、楽しかったこと、面白かったこと、うれしかったことを発見していきました。

それ以後は、「良かったノート」が必要となくなるほど、毎日が楽しかったこと、面白かったこと、うれしかったことの連続となりました。

「子育てって、本当に楽しい!」

次々、子どもが生まれ、いつしか彼女は、10人の母親になっていました。

小学5年生からの

●「プリンス・エドワード島に行きたい」

●「本を出版したい」

という夢は、遠いところへいったかに見えました。

しかし、そうではなかったのです。

あるとき雑誌の童話のコンクールが目にとまりました。

書くことは好きだったので、ふと書いて応募してみようと思い立ちました。

アイディアは、「良かったノート」にたくさんありました。

難なく書き上げ、応募しました。

すると、なんと最高賞を受賞したのです。

表彰式に行って、賞状と副賞を受けました。

副賞は海外旅行でした。

と言っても、どこに行ってもいいというわけではありません。

指定された場所へのペアの航空券が渡されるのです。

その副賞が書かれている紙を見て、岸さんは驚嘆しました。

鳥肌が立ちました。

そこには、大好きな『赤毛のアン』の舞台となった地名が書かれていたのです。

●カナダ

えっ、まさか?

●カナダ、プリン

冗談?

そこには、本当に、

岸さんが小学5年生から行きたい、行きたい、行きたいと夢見ていた地名が書かれていたのです。

●カナダ、プリンス・エドワード島

ちなみに、岸さん夫妻は結婚当初からお金がなかったので、新婚旅行に行っていません。

その後も子どもが次々生まれ、とても旅行どころではありません。

海外旅行なんて、一度も行ったことがありません。

夢のまた夢でした。

それが、あこがれのプリンス・エドワード島に行けるのです。

しかも、この世で最も大好きな人、夫とふたりで・・・。

「一生に一回のチャンスだから、子どもたちのことは心配しないで行ってきなさい」

と岸さんのお母さんが、子どもたちの世話を引き受けてくれることになりました。

こうして、岸さん夫妻は、数日間、夢のような楽しい旅行ができたのでした。

こうして、1つ目の夢は思いがけず実現しました。

その後、10人の子どもを生み育ている岸さんは、地元の熊本県民テレビで、ときどき取り上げられようになりました。

そんな中で、熊本日日新聞社の人から、

「岸さんの子育てのご経験を書いて出版しませんか」

という誘いがきたのです。

岸さんは、10人の子どもを抱えて、自費出版するお金など到底捻出することはできないし、とても無理だと思いました。

「いえ、お金はいりませんよ」と新聞社の人。

「えっ、タダですか?」

「はい、そうです」

「えっ、タダ!? じゃあ、やります、やります、やります!」

岸さんが10人の子どもを育てた経験、「良かったノート」が元になって、さ『子育てって楽しいよ!』が生まれました。

こうして、2つ目の夢が実現したのです。

岸さんは言います。

「夢は大切です。でも、夢中になっていると、もっと大切なものを忘れてしまう。夢を横に置いて、目の前の大切なものと向き合うことで夢が叶うこともあるんです

岸さんは、自分の夢を横において、目の前の大切な人たち、夫、子どもたちのために、毎日、一生懸命に楽しくがんばりました。

そのご褒美に、彼女がまったく予期しない最高の形で、夢は叶えられたのだと私は思います。

目の前の人、目の前のことを大切にしながら、夢を追いかけよう。

「追いかけ続ける夢は、いつかきっと叶えられるものですよ」(モンゴメリー著『赤毛のアン』)