いい言葉

吉本興業の仕事のルール「心が奮い立つ言葉をもつ」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

心が奮い立つ言葉をもつ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

▼『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』という本を読みました。

故・横山やすしさんや宮川大助・花子などのマネージャをしておられた大谷由里子さんの著書です。

大谷さんは、現在は、人材活性化プロデューサーとして、年間300回の講演をするなどご活躍中。

明るい関西人の中でも、飛び切り明るく元気な方のようです。

▼さて、この本の中に、「つらいときの魔法の特効薬」として、

●ココロを奮い立たす「座右の銘」をもつ

というのがありました。

その言葉を読むと、心が奮い立つ。

しぼんでいた気力が息を吹きかえす。

元気になって、またがんばろう!という気持ちになれる。

そんな言葉をもつのは、いいことですね。

人によって、そういう言葉は違うので、自分で見つけ、自分ですぐ見られるようにしておくとよいでしょう。

▼ちなみに、大谷さんの最初の座右の銘は、北山修さんの言葉

●「人生に終わりなんてない。あるのは始まりだけだ」

そうですね。

生きている限り、新しい一日が始まります。

今日は、人生でもっとも新しい日なのです。

▼吉本興業時代は、横山やすしさんから聞いた言葉

●「金を持ってくるからマネージャーや。金を稼ぐことが分かってないやつは単なる『ものまねジャー』や』

横山やすしさんは、「こういうことを手帳にメモしておけ!」と言っていたそうです。

自分の仕事にプロ意識と向上心をもっている人は、メモをよくとりますね。

▼27歳で自分の会社を作ってからは、松下幸之助さんの言葉。

●「自分の持てるものを他に与え、それに応じて他から受ける。多く受けたいと思えば、多く与えたらいい」

この松下氏の言葉を読んで、ふと思い出したのは、わが故郷、境港市。

この街は、いまおかげさまで、多くのものを受けています。

経済評論家の勝間和代さんによると、いま境港市は、ディズニーランド、ユニバーサルスタジアムに次いで年間250万人の観光客が訪れる日本第3番目のテーマパークのような場所になっているとのこと。(年間最高は370万人でした!!)

ほんの20年前は、地方の何にもない田舎だったんですよ。

それがいまは、休日には7万人(市の人口の2倍)の人が来る観光地になったのです。

なぜ、そうなったのか?

それは、実は、松下幸之助氏の言葉にも深く関係する理由があります。

★「鬼太郎の街」境港を成功させた水木しげる氏の心https://lucky.t-nakai.work/2019/04/25/story-58/

▼ともかく、自分の心を奮い立たす言葉を自分の中にもつ。

そのために、手帳やノートに書いたり、壁に貼ったりする。

ときどき見る。

そして、行動する。

それは、多くの成功者がやっていることですね。

やはり効果があります。

心が奮い立つ言葉を自分の中にもとう。

そんな言葉を人にもあげよう。(^.^)

【出典】大谷由里子著『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ 感じて、興味を持って、悩む前に動こう! 』(こう書房)

仕事で大事なことが吉本興業の例などを通してわかります。