いい考え方

大谷翔平選手の夢をかなえる心構え「前向き・肯定的・感謝の心」

 

「目標を持つことは大事だと思います。僕がどういう選手になるのかというのは、自分で決めることですから」   大谷翔平(大リーガー)

「前向き・肯定的・感謝の心」で見事、夢を叶えた人。そしていまも、新たな夢を叶えるために、「前向き・肯定的・感謝の心」でチャレンジを続けている人。

その一人は、2018年にメジャーリーグで見事、新人王を獲得した大谷翔平選手です。

2018年、大谷翔平選手は、投手・バッターとして、ベーブルース以来の二刀流の大リーガーとして、大活躍しました。2019年現在は、トミー・ジョン手術後のリハビリのためバッターに専念して活躍中です。

彼に才能があるのは間違いありませんが、才能だけで、あれほどの活躍はできなかったでしょう。

彼には、才能を磨き・高めるためのたゆまない自主的な取り組みがありました。

努力と言ってもいいことですが、彼はそれを自主的に楽しんでやっています。

▼私が特にすごいなと思うのは、彼が高校1年生のときに書いた「目標達成シート(マンダラチャート)」です。(ネットで検索すれば、画像が出てきます。)

「8球団からドラフト1位指名される選手になる」という大目標を達成するために8つの中目標、64の小目標が掲げられているものです。

 

「8球団からドラフト一位指名される選手になる」という大目標は、高校3年秋から、大リーグ志望に変わりましたので、実現しませんでしたが、日本ハムファイターズからドラフト1位指名されました。

中目標の「スピード160キロ」は、高校3年生の夏の岩手大会で実現しました。

その理由について、大谷選手はこう語っています。

「ずっと目標にし、それをチームメイトに伝えたり、紙に書いたりしていたからだと思います。そうやって自分にプレッシャーをかけていないと努力しないので」

目標を言葉にして、紙に書いたり、口に出して伝えていくことで、彼は自分自身を追い込んで努力していたのです。

▼私にとって特に興味深いのは、一見、野球に関係のないような目標も掲げていることです。

例えば、

「人間性」(を高める)という中目標には、

「感謝」

「思いやり」

「礼儀」

「愛される人間」(になる)などの小目標があります。

大谷選手が人間としても、多くのファンに愛されている現実に納得できます。

▼他にも

「運」(を良くする)という中目標には、

「あいさつ」

「ゴミひろい」

「本を読む」

「道具を大切に使う」

「プラス思考」(をする)などの小目標があります。

彼が人生のために自己啓発的な本も読んで、よく学んできたことがわかります。

大谷翔平選手は、高校時代からこれらの目標を掲げ、毎日見て、心に刻み、人にも伝えて、日々精進してきたのです。

そして、プロになっても、さらに高いレベルを目指して取り組んでいるのです。

さて、「前向き・肯定的・感謝の心で」生きるとは、大谷翔平選手のように目標をもって、人生を楽しんで生きていくことです。

学生なら、学校の勉強や部活などが、その基盤になります。

社会人も、仕事や家庭生活の中で実践できます。

嫌々やらされるのでなく、自分で考え、行動していきます。

自分で夢(目標)を設定する。

紙に書く。

夢の実現をイメージする。

どうすれば夢が実現できるか、考える。

そのために小さな目標をいくつも考える。

そして小さな目標を達成していく。

「前向き・肯定的・感謝の心で」やっていけば、きっと楽しい取り組みになります。

人間的に成長していきながら、自分の目標や夢を達成できるようになっていきます。

夢を叶えるために、前向き・肯定的・感謝の心でチャレンジしよう。(^.^)

・・・・・・・・・・・・・・

【出典・参考】

『大谷翔平86のメッセージ: 才能が目覚める、活かせる』

ちなみに大谷翔平選手の高校時代からの愛読者は、スペンサー・ジョンソン著『チーズはどこへ消えた』です。

1998年にアメリカで出版され全世界で累計2400万部を超えるベストセラー。日本では、2019年時点で累計450万部超のロングセラー。

ビジネス書として、一流企業に研修用にも活用されていますが、寓話調なので子供から大人まで幅広く読める良い本です。大谷翔平選手が夢を実現していく力になってきました。