怒り

イラッとした感情に悩まされない3つの原則

イラッとするのは、だれにでもあるものです。

すぐに収まればいいのですが、長く怒りが続けば、ストレスが溜まり、人間関係は悪くなり、健康にもよろしくありません。

気持ちが穏やかなら人間関係も良くなり、仕事にも好影響です。

そこで、この記事では、日常に起こり得る「イラッ」のケースに対応できる3つの原則についてお話しします。

どんなことにイラッとするのでしょうか?

”すてきなアラフォーは「イラッと上手」”という取材記事が載りました。

『Marisol(マリソル)』という女性ファッション誌にです。

ストレス社会という昨今、「アラフォー」と言われる方(30代後半から40代の女性)は、どれくらいの頻度でイラッとするのでしょうか?

同誌編集部が、ウェブ会員300名にアンケートをとったところ、一日に一度以上イラッとする人が7割くらいでした。

なるほど・・・。

では、どんなことにイラッとするのでしょうか

アンケートの結果では・・・

1位 店の接客や電話対応が失礼!

2位 夫や義父母……。身内の言動に怒!

3位 公共の場でのマナーが悪い!

4位 会社の後輩の態度が悪い!

5位 子供がわがまま!

6位 友人が時間にルーズ

と、まとめてありました。

なるほど、なるほど・・・。

では、では、そんな「イラッ」としたケースで、アラフォーの方々はどのように対処法されているのでしょうか?そのアンケート結果もありました。

一番多かったのは、「感情をぐっと抑えてやりすごす」45.8%。

おお、そうですか。

これでは、ストレスが溜まってしまいますね。

ともかく、この現代には「イラッ」とすることが多く、それは避けられない。

そこで、私の取材では、「イラッと上手」になるために前記1から6位の中の(読者から寄せられた)12のケースに、それぞれどう具体的に対応すればよいかということを教えてほしいということでした。

女性はやはりこのような細部を大切にされるのでしょうから、1つずつ時間をかけて、がんばって丁寧に答えましたよ。

ただ、読者の個々のケース(悩み)に答えるのは、この場合必要で大切ですが、自分自身の場合は、原則をもって、すべてのケースに当てはめています。

原則をもって対応する

原則を知っていれば応用が利くのです。

私が人様の個々のケース(悩み)にお答えできるのは、自分の中に基準となる考え方・行動の原則があるからだと思います。

取材でも、まずその原則を3つ、お話しして、紙面にも紹介していただきました。

この【ブログ】では、様々な「イラッ」のケースに対応できる原則についてもう少し詳しくお話ししようと思います。

原則1 相手をすぐに変えようとしない

もちろん人間は変わるのですが、期待通りには、なかなか簡単には変わってくれません。

特にこちらが怒っているときには・・・。

イラッとさせる相手を変えようとすると、すごいエネルギーと時間が必要です。

あなたが正しいことを言っても、相手も感情的になり、多くの場合、期待通り受けとめてもらえないどころか、反感を買うこともあります。

であれば、変わらない相手に、ますますイライラが募るでしょう。

売り言葉に買い言葉で、口論になることも・・・

それよりも自分の気持ちをコントロールするほうが(比較的に)簡単ですし、これから先も応用がききます。

相手に言いたいことがあれば、怒りが収まってから穏やかに伝えたほうが、聞き入れてもらえることのほうが多いです。

原則2 相手や状況を理解するように努める

「イラッ」が起こった時は、自分の人間性を成長させるチャンスです。

相手への理解を深めるチャンスでもあります。

理解は、思いやりや愛から生まれるものです。

どうして、そんなことをしてしまうのか。
どうして、いつもこうなのか。

相手の立場を考えたり、相手の事情を考えたりすれば、相手のことがもっと理解できます。

家族がいま心配な病気、その看病疲れで、遅刻してきたりととか仕事でミスをしてしまったりとか・・・

そういう相手の事情が分かれば「イラッ」とした気持ちがだんだん消えていくものです

相手と話してみると、意外にその人も自分の欠点に気がついていて、直そうと思っているけれど、なかなかうまくいかないということがわかったりします。

前より相手のことが理解できると、自分の「イラッ」はだんだんおさまってくるものです。

原則3 謙虚に自分自身を省みる

イラッとしたら、自分にも同じようなことはないか、または別のことでも人をイラッとさせるようなことをしてきたのではないか、と考えるよい機会です。

たいてい誰にでもあります。

ただ、気づいていなかったり、忘れたりしてしまうのです。

自分がある面で未熟だったとき、仕事に不慣れだったとき、ものすごく忙しかったとき、疲れたりしていたとき、心配事で頭がいっぱいだったりしたとき・・・など、まわりの人をイラッつかせるようなことがあったはずです。

また、自分で欠点に気づきながら、自分をなかなか改めることができない、そういうこともあるのではないでしょう。

「自分もそういえば・・・そんなことがあったなあ」と気づく。

さらに、欠点や失敗を繰り返してきた自分もこれまで許されてきたんだと気づくと、人にも少しやさしい気持ちになるものです。

まわりの人への感謝の気持も生まれるでしょう。

であれば、イライラは消えていきます。

こんなふうに、日頃から、できるだけ謙虚かつ感謝の気持ちで生活するように心がければ、イライラに悩まされることは少なくなると思います。

・・・・・・・・・・・・

【出典】2014年12月号『Marisol(マリソル)』(集英社)

怒りの感情はコントロールできる誰でも仕事や人間関係がうまくいかなると、辛くなったり、イライラしたり、怒りがこみあげてくるものですね。 イライラや怒りは、人間関係...