いい話

人生はゲーム、喜べばポイントゲット(映画『ライフ・イズ・ビューティフル』)

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』、ご存じですか?
 
どんなに辛い状況でも、ゲームのように人生を楽しむ親子の物語です。
 
カンヌ映画祭で審査員グランプリ受賞した感動の名作です。
 
アカデミー賞では、イタリア映画でありながら、作品賞を含む主要七部門にノミネートされ、見事3部門で受賞!
 
ネタばれになりますが、ストーリーを少しだけご紹介します。
 
ストーリーを知らずに観たい人は、映画をどうぞ先に。
 
でも、ストーリーを知っていても、また観たくなる名画です。(私は3回観ました)
 

幸福な家庭が戦争に巻き込まれる

 
1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは、北イタリアの小さな町にやって来ました。
 
そこで彼は小学校教師のドーラに恋をします。
 
彼の純粋さとロマンチックな人柄は、彼女の心をとらえ、困難の末、ふたりはめでたく結ばれます。
 
そして、息子が誕生し、親子3人の幸福な家庭を築くのでした。
 
しかし、戦争の色が濃くなり、幸せだった家族は、ナチス・ドイツの強制収容所行きという過酷な運命に陥ります。
 
 

人生は楽しいゲーム

 
絶望と死の恐怖に支配された世界の中で、グイドは家族を守るため、ある嘘を思いつきます。
 
幼い息子へ語りかけた言葉です。
 
「これはゲームなんだ。泣いたり、ママに会いたがったりしたら、減点。いい子にしていれば点数をもらえて、千点たまったら勝ち」
 
「軍服を着た悪者に見つからないようにかくれんぼをするんだ」
 
「勝ったら本物の戦車に乗っておうちへ帰れるんだ」    
 
そうして、明日をも知れない極限状態でも、グイドは決して生きることをあきらめず、息子の前では明るくふるまいます。
 
ガス室にユダヤ人の子供たちが送られていく中で、息子を自分のベッドに隠し通したり、命がけで放送室に侵入しマイクで女子収容に送られた妻に愛を伝えたり、その豊かな想像力と勇気ある行動で明るく懸命に家族を守り抜くのです。
 
幼い息子は最後までお父さんを信じて、辛い収容所の中でも、人生というゲームを楽しみます。
 
そのラストはどうなるのか、ここには書きませんが、感涙必至の名シーンです。 
 
主人公のグイドは常に陽気でいい加減なように見えることがあります。
 
しかし、妻や息子のことを一番に考えて、どんな苦境に立たされても、家族の前では不安を見せずに明るい笑顔でいる優しさをもつ男でした。

 

どんなに辛い状況でも、愛と勇気のこもった嘘を最後まで貫き通したのです。

人生はゲーム。悲しんでいれば、減点。

喜んでいれば、点数をもらえて、最後にすごいご褒美が待っている。

これは嘘でしょうか。

嘘だと言う人もいるでしょうが、信じていれば、人生は楽しく充実したものになります。

人生はゲーム。愚痴や文句ばかりなら、減点。

愛のある言葉、笑顔を人にあげられたら、点数がもらえて、楽しいことがいっぱい。

このゲームを楽しむのは、あなたと私です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

【出典】映画『ライフ・イズ・ビューティフル』(ロベルト・ベニーニ監督・主演 1997年)