口ぐせ

口ぐせで意識が若くなる!「もう年だから」→「まだまだ若いから」

習慣によって、人間は若くなります。

たとえば、血管年齢。

実年齢と同じくらいなら良いのですが、実年齢より、10歳以上が高い人がいます。

であれば、血管が硬く、血栓ができているので、心筋梗塞・脳疾患・糖尿病などの大病になるリスクが格段に上がります。

逆に、10歳以上も若い人がいます。(私はおかげ様で9歳若い)

そういう人は、血圧、コルステロール、血糖値なども正常で病気になるリスクがあまりありません。

この血管年齢は、生活習慣・食習慣によって変わります。

日頃の習慣が、人間を変えていくのです。

さて、言葉の習慣、口ぐせも、人を変えていきます。

言葉によって、意識も見た目も行動も若くなるのです。

これは、まだ一般常識となっていませんね。

口ぐせを変えると意識が若くなります。それは、意識だけなく、行動も、見た目も・・・。

そんな話です。

加齢は、老化ではない

「年をとると、体力や気力が衰えるは仕方ない」と信じこんでいる方はいないでしょうか。確かに、これまでの常識では、「加齢は老化」と考えられてきました。

しかし、最近の生命科学では、その常識はくつがえされています。

加齢は、文字通り年を加えていくこと。しかし、加齢をしても老化を抑えることは可能です。

老化を抑えるためのライフスタイルをとり、適切な栄養補給をしていけば、60歳になっても40歳の知力や体力、精神力や肉体を持ち続けることは可能です。

55歳で隠居していて、おじいちゃん、おばあちゃんと言われていた人が、いまはさっそうとして仕事をしたり、スポーツをしていたりしている時代です。

かつては、55歳だった企業の定年退職の平均年齢が、いまは60歳、65歳まで引き上げられたのたのは、一概に年金の出ししぶりのためだけではないでしょう。現実に60歳、65歳にでも元気に働ける人が多くなったからでもあります。

見た目も、60歳、65歳で綺麗で魅力的な女性は増えてきました

「年をとると、知力も体力も美しさも衰える」というのは、間違いです。

そう思い込んでいる人は、「もう年だから、いまさら勉強しても何もならない」「もう年だから、高い山には登れない」「もう年だから、おしゃれしても仕方ない」と否定的になり、行動を委縮してさせてしまいます。

今日の自分は、10年後の自分より10歳も若い

「もう年だから」は、やめて、「まだまだ若いから」と言いましょう。

実際、今日のあなたは、明日のあなたより若いのです。

今日のあなたは、10年後のあなたより10歳も若い、まだまだ若いのです。

先日、私が所属するカトリック教会で敬老の日に、お年寄りの方に感謝をこめて敬老会がありました。

招待されるお年寄りは、30年前は60歳からだったそうですが、いつからか65歳以上になり、70歳以上になり、いまは75歳以上です。

そういう75歳以上ばかりの人の集まりでは、60歳代は「まだまだ若い」のです。

75歳を超えても元気で若々しい人が多いので、こちらが元気づけられます。

実際、私たちは「まだまだ若い」です。

「まだまだ若いから、いろいろできる」「まだまだ若いから、やってみよう」

「まだまだ若い」を口ぐせすると、可能性が広がります。考え方が前向き、積極的になります。人生が楽しくなります。

口ぐせで意識が若くなる!「もう〇歳」→「まだ〇歳、人生これから」習慣によって、人間は若くなります。 たとえば、血管年齢。 実年齢と同じくらいなら良いのですが、実年齢より、10歳以上が高い人がいます...