口ぐせ

口ぐせを変えれば若くなる!「60歳までは」→「100歳までは」

口ぐせを変えると、元気になり、若くなります。

意識だけでなく、考え方も行動も見た目も・・・。

普段何気なく口にしている言葉を変えると、自分の人生が変わっていきます。

60歳定年でもまだまだ元気!

60歳が定年だった頃には、「60歳までは」仕事をして、あとは余生を過ごそうという考えがありまししたが、いまはそうではありません。

日本の健康寿命は世界的に高く、70歳でも80歳でも元気な人は大勢います。

人間は適切な生活習慣と運動習慣を続ければ、100歳以上は生きられます。

100歳以上の人口は、過去最多の約6万9千人。48年間連続で増えて、ここ20年間では、8倍に増えているそうです。そのうち女性は88%です。(2018年9月15日に厚生省発表)

100歳まで生きたいとは思わないという人もいるかもしれませんが、わたしたちは十分、100歳までは生きられる可能性があるということです。

新しいことを始めるために、時間もチャンスもある

ですから、仮にいまあなたが50歳なら、まだ人生は半分もあることになります。

60歳であっても、まだまだ時間はたっぷりあるのです。

そう考えるといろいろなことができます。

趣味で、これまでできなかった新しい習い事ができます。

旅行で、これまでいけなかった新しい場所に行けます。

ボランティア活動などで、子どもから大人までたくさんの人と知り合いになれます。

前にも紹介しましたが、故日野原重明氏は、シニア世代の新しい生き方を提唱し、2000年9月に「新老人の会」を創設しました。

「新老人の会」は、生きがいをもって充実して生きるため、「レッツ ビギン!」と何か新しいこと始めることが会の精神です。 

「100歳まではやりたい」という趣味をもったり、「100歳までにかなえたい」という夢を思い描いたりするのは良いことだと思います。そのほうが人生楽しいでしょう。

私も「100歳までにかなえたい」夢をもっています。

100歳で達成したい夢、その壮大なドラマ?を目指して前に進む人生は、まだまだこれからです。 私は100歳まで生きるつもりですが、私の友人もそうです。 100歳の時に叶えたい夢がある!のです。 ...
100歳超でも「前進・前進・前進!」日野原重明氏の言葉言葉が前向き・肯定な人は、高齢になってもお元気です。 聖路加国際病院名誉院長の日野原重明氏は105歳になるまで、様々な要職に就きながら...