口ぐせ

口ぐせを変えると若くなる!「昔は…」→「いまから…」「今日から」「これから」

口ぐせを変えると、元気になり、若くなります。

意識だけでなく、考え方も行動も見た目も・・・。

普段何気なく口にしている言葉を変えると、自分の人生が変わっていきます。

過去ばかり振り返るのは、老化の兆候

「昔はね、これこれこうだったよ」と、頻繁に昔話をするのは、老化現象の徴候です。

年を取れば取るほど、昔話が多くなりがちです。

しかも、同じ話を何度も繰り返します。

本人は気づかないかもしれませんが、まわりの人は、「昔はね」という話を聞く度に、この人も年取ったなと思うものです。

「昔は…」と過去を振り返って懐かしく思うのは、時には良いことですが、「昔は…」の後に、若い頃の武勇伝や自慢話、今への愚痴や不平不満が来ると、聞いている人はうんざりします。

言っている本人も、「昔は…」だと気持ちが後ろ向きになります。

過去を振り返っているうちは、未来に向かって行動できません。

ですから、「昔は…」にはちょっと注意です。

未来に目を向けると前向きになれる

「昔は…」と言った後は、「いまから…」「今日から…」「これから…」と未来のことに目を向けたいものです。 

すると、気持ちが前向きになっていきます。

「いまからは、がんばろう」

「今日から、やろう」

すると、行動が迅速になります。

すべきときに、やるとうまくいきます。

車を走らせるときと同じで、始めるときには、大きなエネルギーが必要です。

でも一旦動き出すと、あとは慣性の法則でエネルギーはさほどいらないのです。

まずは、今日、はじめの一歩を踏み出すのです。

「いまから…」「今日から…」「これから…」

今日、一歩前進できれば、一歩夢に近づきます。

口ぐせで意識が若くなる!「もう年だから」→「まだまだ若いから」習慣によって、人間は若くなります。 たとえば、血管年齢。 実年齢と同じくらいなら良いのですが、実年齢より、10歳以上が高い人がいます...