いい言葉

成長・向上できる言葉(柳生家・羽生善治・『戦国策』)

紹介する言葉は、偉人や賢人の言葉・名言・格言など、きっと心に響き、そして心の糧になる言葉です。

ちょっとした空き時間や待ち時間に、スマホなどで読めるように短い解説を加えています。

これらの素晴らしい言葉にふれ親しむことで、あなたは大切なことに気づき、生きる勇気が湧いてくるでしょう。

柳生家の家訓

小才は、縁に出会って縁に気づかず

中才は、縁に気づいて縁を生かさず

大才は、袖すり合うも、この縁を生かす

柳生家

徳川幕府で剣術師範を勤めた大名

たまたま同じ時代に生まれ、

たまたま同じ場所で、

たまたま同じ時を過ごしている。

世界にいま73億の人がいて、

そういうふうに出会える人は、限られています。

あなたとその人が出会ったのは、

もしかすると、「たまたま」ではないのかもしれません。

あなたとその人の心がふれあったのなら、

たぶん、「たまたま」ではないのでしょう。

そして二人がこれからも同じ時を過ごしたいのなら、

きっと、「たまたま」ではないのです。

【出典】柳生家の家訓

羽生善治の言葉

勝負の世界では「これでよし」とする消極的姿勢になるのが一番怖い。

常に前進をめざさぬかぎり、そこでストップし、ついには後退が始まるからである。          

羽生善治 1970~

棋士

将棋の世界で、超一流のプロ棋士として活躍しつづける羽生善治さんの言葉です。

常に勝利と向上をめざす人には、「これでよし」という言葉は、禁句なのでしょうね。

「これでよし」と思ったら、安心します。

そのときはそれでいいのです。

でも、さらに前に進もうと思えばできるのです。

上を目指そうと思えば上にいくことはできるのです。

仕事においてもスポーツ・学習においても同じです。

「まだもう少しできる」

「まだもう少しやれる」

と、さらに前進と向上をめざしたいものです。

【出典】羽生善治・米長邦雄著『人生、惚れてこそ』(クレスト社)

『戦国策』の言葉

百里を行く者は九十里を半ばとする。

兼好法師の書いた遺筆集『徒然草』に「高名の木登り」という有名な話があります。

木登りとして名高い人が、ある男に指示して高い木に登らせて枝を切らせたときの話です。

木登りの名人は、男が危なく見えるときに何も言いませんでした。しかし、木から降りる途中、軒の高さくらいになったときに、「注意しなさい」と声をかけたのです。

「これくらいなら飛び降りることもできるのに」と不思議がったその男に名人は、重ねて言いました。

「高く枝が折れそうな間は、誰でも十分に注意する。しかし、過ちは、もう安心だと油断しているところに生まれてくるものだ」

つまり、何かを行うときも、たとえほとんど最後までできていても、終わるまで気をぬいてはならないこと。最後まで油断せずに行うことが大切なのです。

【出典】『戦国策』(中国の戦国時代の古書)

成長・向上できる言葉(聖書・朱熹・二宮尊徳)紹介する言葉は、偉人や賢人の言葉・名言・格言など、きっと心に響き、そして心の糧になる言葉です。 ちょっとした空き時間や待ち時間に、スマ...