いい言葉

成長・向上できる言葉(洪自誠、小澤征爾、浅田次郎)

紹介する言葉は、偉人や賢人の言葉・名言・格言など、きっと心に響き、そして心の糧になる言葉です。

ちょっとした空き時間や待ち時間に、スマホなどで読めるように短い解説を加えています。

これらの素晴らしい言葉にふれ親しむことで、あなたは大切なことに気づき、生きる勇気が湧いてくるでしょう。

洪自誠の言葉

順境にいるとき、逆境に備えよ。

洪自誠  生没年不明

中国、明時代末期の思想家

「順境」とは、何もかもうまくいっているときのこと。

「逆境」とは、その反対にうまくいかないときのことです。

人生には「順境」のときばかりでなく、「逆境」のときもあります。

うまくいっているときは、有頂天になってしまったり、天狗になってしまったりしがちです。

そういう状態が長く続くことはなく、病気になったり、災難がふりかったり、誰かからひどい扱いを受けたり、いずれ「逆境」の波はやってくるのです。

そんなことが急に起こっても挫けないように、順調のときから準備しておくのです。

「備えあれば憂いなし」ですね。

【出典】洪自誠著『菜根譚』(岩波書店)

小澤征爾の言葉

技術の上手下手ではない。

その心が人をうつのだ。

小澤征爾 1935~

指揮者

小澤征爾さんは、中学生のときにラグビーで、指をケガしてピアニストの夢をあきらめました。

しかし、大好きな音楽への道を捨てることなく、世界の一流指揮者となりました。

そうなるまでの修行のなかで、学んだ大切なことがあります。

それは、演奏のうまいへたよりも、演奏する人の心のありようが、人を感動させるのだということ。

技術も大切ですが、それ以上に人の心が大切だと。

それは、音楽に限りません。

 人を感動させるものには、きっと誰かの熱い心がこもっているのです。

【出典】小澤征爾著『ボクの音楽武者修行』(新潮社)

浅田次郎の言葉

みんなから馬鹿扱いされても、

だからといって

自分の信念をあきらめてはいけない。

浅田次郎 1951~

小説家 代表作品『鉄道員』

浅田さんは、小学生の頃から小説家を目指していた人です。

高校生の時、同じく小説家を目指す心から尊敬する先輩に「お前は才能がない。小説家にはなれないよ」と言われます。

それでも、その先輩の教えの通り、原稿用紙に三島由紀夫の小説などを書き写す修行をしていきます。

大学には行かず、職を転々としてながらも、その修行を続けました。

1日6時間机に向かうという目標をかかげ、実質3時間以上、毎日机の上の原稿用紙に向かったそうです。

その一方で、書いた小説を様々な文学賞に応募しますが、ことごとく落選します。

その間に書いて、煙と消えた原稿用紙は何万枚にもなるそうです。

そういう生活を10年間以上続けました。

自分の作品が初めて活字になったのは、なんと35歳のとき。

はじめの単行本が出版されたのが、40歳のとき。

小説家を志してから、なんと30年もかかったのです。

夢を叶えるために、時間はかかります。

でも、あきらめなければ、一歩一歩、実現に近づいていけます。

成長・向上できる言葉(武者小路実篤、高村光太郎、オグ・マンディーノ)紹介する言葉は、偉人や賢人の言葉・名言・格言など、きっと心に響き、そして心の糧になる言葉です。 ちょっとした空き時間や待ち時間に、スマ...