いい言葉

成長・向上できる言葉(リンカーン、デール・カーネギー、森信三)

紹介する言葉は、偉人や賢人の言葉・名言・格言など、きっと心に響き、そして心の糧になる言葉です。

ちょっとした空き時間や待ち時間に、スマホなどで読めるように短い解説を加えています。

これらの素晴らしい言葉にふれ親しむことで、あなたは大切なことに気づき、生きる勇気が湧いてくるでしょう。

リンカーンの言葉

私はチャンスにそなえ学び、チャンスがつかめるようにいつも備えている。

エイブラハム・リンカーン 1809~1865

第16代アメリカ合衆国大統領

奴隷解放をおこない、南北戦争を戦い抜いたリンカーンの言葉です。

チャンスをまっているだけでは、何もできません。

大切なのはいつでもチャンスに対処できるような、日ごろの努力です。

リンカーンの両親は学問のない貧しい農民でした。

彼は子どもの頃から、苦労して弁護士となりました。

その後、政治家を志し、選挙には8回落選した後、第16代アメリカ合衆国大統領となっています。

「人民の人民による人民のための政治」を掲げ、アメリカの最も優れた大統領として称えられています。

デール・カーネギーの言葉

熱意はあなたの人格の原動力だ。

それがなかったら、

どんなにすぐれた能力をもっていたとしても、

その能力は眠ったままで役に立たない。

 デール・カーネギー 1888~1955 

アメリカの社会教育家 

これは、名著『道は開ける』『人を動かす』などの著者デール・カーネギーの言葉です。

彼は、哲学者でも、宗教家でも、大学教授でもありません。どこにでもいるようなサラリーマンでありながら、独立独歩の道を歩んで成功した社会教育家でした。

そして、彼の本は世界中でロングセラーを続け、今も多くの人に影響を与えています。

かつてカーネギーは、ニュ―ヨーク不幸な青年の一人でした。

セールスがうまくいかず、毎晩、頭痛(失望、悩み、苦痛、反抗心による頭痛)を抱えていました。人生に絶望しそうになっていました。

この悲惨な状況から抜け出すために、彼は思い切った決断をし、実行します。

嫌な仕事をやめ、自分の本当にやりたかった、本を書くための生活に変えたのです。

その結果、カーネギーは次第に成功を勝ち得ていくのです。

【出典】デール・カーネギー著『自己を伸ばす』(創元社)

森信三の言葉

人間には進歩か退歩かのいずれかがあって、その中間はない。

現状維持と思うのは、実は退歩している証拠だ。         

森信三 1896~1992

哲学者・教育者

森信三は、戦前戦後を通じて、日本の教育界に貢献した哲学者です。

夢や目標を実現するには、つねに努力が必要です。

夢や目標に近づくように、自分を高めていくことが必要です。

でも、勉強でもスポーツでも、このままでいいと思っていると、現状維持はできません。

むしろ、このままでいいと思った時点で、目標から後ずさりしています。

慣れっこになって、マンネリ化して、意識のレベルが下がるからです。

目標に向かってもっと進歩しよう。

1日に1センチでも1ミリでも近づこう。

そういう向上意識を自分を高めていきます。 

【出典】寺田一清編『森信三・魂に響く言葉』(PHP研究所)

成長・向上できる言葉(洪自誠、小澤征爾、浅田次郎)紹介する言葉は、偉人や賢人の言葉・名言・格言など、きっと心に響き、そして心の糧になる言葉です。 ちょっとした空き時間や待ち時間に、スマ...