口ぐせ

言葉を変えると行動できる!「ダメ」→「すべてうまくいってる」

楽しい冒険物語には、ハラハラすること、ドキドキすることがあります。

主人公が突然、危ない目にあって、大ピンチになることもあります。

ピンチや失敗があってもいいのです。

そのほうがもっと面白くなるんです。

ピンチがあっても「うまくいっている」

「けっこう、うまくいってる」

ピンチになったのは、新しいチャンスを見つけるため。

「けっこううまくいってる」

失敗したのは、なったのは、もっと成長できるため。

「けっこう、うまくいってる」

あの人と別れたのは、もっといい人と巡り会えるため。時間が経てば、あとでわかります。

あのとき、全然だいじょうぶだったって……。

長い目で見れば、あのときも、うまくいってたんだって……。

「けっこう、うまくいってる」って……。

失敗もまたよし「うまくいっている」

何を成し遂げるには、何度か失敗があって当然。

「失敗は成功の母です」

成功するためには、失敗が必要なのです。

だから、失敗を繰り返しているいまも、「うまくいっている」のです。

「すべて、うまくいっている」のです。

だから落ち込まなくてもいいのです。

物語は、まだ途中です。

ハラハラ、ドキドキしていいのです。

「けっこう、うまくいっている」のです。

「すべて、うまくいっている」のです。

言葉を変えると行動できる!「失敗したら」→「気楽にいこう、ダメもと」「失敗したらどうしよう」と、びくびくしながらやると、勢いが生まれません。  スポーツでは、相手に気合で飲まれてしまいます。  仕事で...