口ぐせ

言葉で人間関係が良くなる!「悪いのは私じゃない」→「ごめんね」

「ごめん」「ごめんなさい」って、言いにくい言葉です。

逆に、相手からは言ってほしい言葉です。

だからこそ、「ごめんなさい」を言える人は、より成熟しているのです。

ミスしたときに「ごめんなさい」

何かミスしたとき、素直に認めるのはむずかしいものですね。

「悪いのは私じゃない」「私だけじゃないんです」

なんて、言いがちです。

しかし、言い逃れをしようとすると、無責任な人、不誠実な人だと思われてしまいます。

「あなたも関係しているでしょう」「あなたにも責任があるでしょう」などと追及され、だんだん人間関係がこじれてしまうのです。

 もし自分にも責任があるのなら、素直に「ごめんなさい」と謝ったほうが賢明です。

すると、逆に誠実で、潔い人だと言われます。

ケンカしたときに謝るのは勇気がいる

 それに、だれかとケンカしたとき、「ごめんね」って言うのはむつかしいですね。

 自分だけが悪いんじゃない。

 あいつの方がもっと悪い。

いろんな思いが湧いてきて、なかなか自分から謝ることができません。

 しかし、「ごめんね」で、わたしたちの価値が下がるわけではありません。

 「ごめんね」で、わたしたちの人生がくずれるわけでもありません。

むしろ、その逆。「ごめんね」で、あなたは素直な心にもどれて、「ごめんね」で、あなたはやり直すことができるのです。

「ごめん」「ごめんね」「ごめんなさい」

ケンカの後、先に「ごめんね」を言った方が精神的に大人なのです。

言葉で人間関係が良くなる!「〇〇のせいで」→「おかげで」人間関係は、言葉で良くなります。 これまで、なんとなく使ってきた言葉を変えるだけで良くなります。 たとえば、「○○のせいで」を「おか...