口ぐせ

言葉で元気になる!「運動、面倒だな」→「歩くと気持ちがいい」

心身の健康のためには適度な運動が不可欠だ、とわかってはいても、得手不得手もあり、面倒だと感じる人がいるかもしれません。

でも、歩くのなら、得手不得手もありません。

最初は面倒でも、歩き始めたら、なんとなく気持ちが良くなるものです。

しかも、その健康効果はすごいのです。

ウオーキングは、お金のかからない超健康法

私は小学校教諭時代、体育の授業をする他、昼休みは子どもとグラウンドでよくサッカーをしたり鬼ごっこをしたりして走り回っていたので、運動量は豊富でした。

でも、教師をやめて執筆中心の仕事になると、とたんに運動量が減ってきて、体に疲れが溜まり、体調が悪くなることが増えました。

プールは遠かったり、時間制限があったりで、そう頻繁にはいけません。

しかし、歩くことは、いつでもどこでもできることです。

お金もかかりません。

逆に電車代やタクシー代が浮くこともあります。

歩くことを心がけたところ、いまは体調がよくなりました。

歩くことは健康を促進する運動として最適だと、いまや多くの医者が勧めています。

京都大学名誉教授で医学博士の大島清先生は、『歩くとなぜいいのか?』(PHP研究所)という著書の中で、次のような効用をあげておられます。

PR

ウオーキングのすごい健康効果

1.脂肪がよく燃えてやせられる

2.「血管年齢」がグングン若くなる

3.「心臓病」から遠ざかる 

4.「生活習慣病」の予防になる 

5.「がん」の予防も期待できる

6.骨がじょうぶになる 

7.よく眠れる 

8.「カゼ」を引かなくなる 

9.脳が刺激されて「ボケ防止」ができる、など

たいたい大股、早足で、30分ぐらい歩くと、より効果的だそうです。

最近の脳科学では、歩くと脳内からホルモン(ベータエンドルフィンやドーパミン)が出てくることもわかっています。

そのために、爽快感が生まれてきて、歩くこと自体が気持ちよくなってきます。

 頭の働きもクリアーになって、気持ちも高揚して、前向き肯定的な言葉も自然と出てくるようになるのです。

「歩くと気持ちがいい」と言っていると、歩くこと自体が好きになってきます。