いい習慣

運が良い人に学ぶ、幸運を引き寄せる5つの生活習慣

運は良くなったり、悪くなったりします。

言葉や考え方や行動で良くなったり、悪くなったりします。

日常生活で、運が良くなる習慣も、悪くなる習慣もあります。

運が良い人は、運が良くなる習慣をもっているものです。

たとえば・・・。

運が良い人はよく歩く

ムシャクシャしたり、心配事があったりするときは、部屋を飛び出して好きな散歩コースを歩きましょう。

ただひたすら歩く、それだけでいいのです。

歩くことは、まず健康にいい。

一日に10000歩、歩いていると、足腰も衰えませんし、体も丈夫になります。

それに、まだちょっと早いかもしれませんが、ボケ防止にもなりますよ。

十五分、二十分と歩いていると、頭がなぜかすっきりしてくるのです。

ムシャクシャや心配事が吹っ飛んで、「よし、やるぞ!」という気分にもなってきます。

頭もクリアー、気分も爽快!

自分の部屋でうんうん唸っても分からなかった問題の解決法が、歩いているうちに、すうっと頭の中に降ってくることもあります。

それに、ゆっくり歩いていると、あなたの五感は磨かれます。

車中からは気づかなったものを発見できるのです。

季節によって移り変わる自然の美しさ、街の人の人情あふれる生活の営み、入ってみたい面白そうなお店など。

さて、あなたは何を見つけるでしょうか。

★運が良くなる小さな習慣

 ムシャクシャしたときはひたすら歩こう。

運が良い人は、遅れない、遅らせない

教師を23年間続けて、学力的にどんな生徒が伸びるか、わかったことがあります。

その1つは、時間を守ることができる生徒です。

学校で「時間を守る」ことには、2つにポイントがあります。

1つは、「遅刻」をしないこと。

2つ目は、「宿題の提出」を遅らせないことです。

これを続けてできる生徒は、現在、学業優秀であるか、必ず着実に伸びていく人です。

これは、ビジネス社会でも同じでしょう。

約束の時間に遅れない人は、ビジネス社会で信頼される人となります。

相手より少し早めに来て待っていられる余裕のある人は、自己管理能力の高い人だと評価できます。

また、提出書類や商品の納品を遅らせない人も信頼を勝ち得ます。

締め切りよりも早めに届けられる人は、相手から感謝され、仕事ができる人だと評価されます。

時間を守るのは、自分のためでもありますが、人のためでもあります。

待っていてくれる相手を大切に思う心から、時間を守るのです。

そういう人は、相手からも大切に思われるのです。

★運が良くなる小さな習慣

 約束の時間を守る!

運が良い人は、5分間を活用する

仕事ができる人は時間の使い方がうまい。

日常生活でも、すきま時間を有効に使えます。

すきま時間というのは、一仕事した後と次の仕事のわずかな時間。

人や電車を待っている時間、テレビ番組や食事が始まるまでのちょっとした時間。

そういう5分か10分くらいの短い時間が、一日のなかにたくさんあります。

それをざっと計算すれば、一日に1時間から2時間。

そうすると、一週間で7時間から14時間、一年では365時間から730時間ということになってしまいます。

すごいですね。

このすきま時間を有効に使わない手はありません。

でも、すきま時間ができてから、さあ何をやろうかなと考えていてはアウト。

考えるだけで終わってしまいますからね。

あらかじめ、やりたいことのリストを作っておくのです。

あなたが5分間でやりたいことを紙に書いてみてください。

机の上を片付ける。

英単語を5個覚える。

腕立てふせをする。

新聞の音読をする、など。

5分間でできることは意外と多いことがわかります。

★運が良くなる小さな習慣

「5分間メニュー」をつくろう

運が良い人の5分間掃除

掃除って面倒ではありませんか?

本格的に掃除をしようと思うとまとまった時間が必要なので、ついつい後回しにしてしまいがちです。

そうすると、部屋や家具は汚くなるばかり・・・。

でも、5分間の掃除だったら、すぐに取りかかれます。

掃除をする時間は5分間だけ。

そう決めておくと、掃除をする場所はおのずと限定されます。

まずは、もっとも気になるところから始めましょう。

わたしの場合、やはり机の上。

一仕事すると、どうしても書類や文具類やら本やらが散らかってしまうのです。

これを5分間でサッーと整理整頓する。

すると、次の仕事に取りかかるとき、気分さわやか、頭のなかは整理され、仕事の能率もあがるのです。

特にオフィスで仕事をしている人なら、机を散らかしっぱなしの状態で、長く席を空けるのはよくありませんよね。

その前に机の上を整理整頓しておくと、まわりの人もきっと気持ちがいいのです。

家の中に限定すれば、たとえば冷蔵庫の中、洋服ダンスや本棚の一番ごちゃごちゃしやすい棚、玄関の床など、いろいろあります。

大切なのは、掃除の時間は5分間に限定すること。

ちなみに、洗面所は、最後に使った人がせっけんの汚れや髪の毛などをきれいにふきとっておけば、次の人が気持ちよく使えます。

★運が良くなる小さな習慣

5分間掃除できれいにする!

運が良い人の時計は5分進んでいる

慌ててすると、物事はうまくいきません。

車の運転でも、イライラしていると事故を起こしやすい。

仕事でミスを犯しやすいのは、気持ちに余裕がないときです。

何事も、時間ギリギリになって、気持ちがあせっているときは、まわりの物が見えなくなりミスをしやすいのです。

物事は気持ちに余裕をもってしたいものです。

そのひとつの方法は、時計を5分進めておくという些細なことです。

そうすると、気持ちにわずかに余裕が生まれます。

「時計はいま8時けど、8時まであと5分が余裕あるな」と思えます。

この5分が大切です。

人と会うときにも、5分前。

仕事を始めるときも、5分前から準備。

そうすうことで気持ちに少しだけ余裕が生まれます。

その余裕が物事をうまく運ばせる潤滑油となります。

★運が良くなる小さな習慣

いつも5分間の余裕をもつ!

運が良い人の好感度が上げる5つの言葉の習慣幸運になるには、コツがあります。 私はそれを運が良い人たちから学んできました。すると、私もだんだん幸運に恵まれてきたのです。 カンタ...