話し方

「難しいけれど、やってみます」~仕事がうまくいく話し方

残念な人は、「難しいので・・・」と後ろ向き。

成功する人は、「難しいけれど・・・」が前向き。

仕事がうまくいく話し方のヒントです。

まずは、残念な人と成功する人の例を比べてみてください。

「できる」という言葉は「できる人」をつくる

「これこれこういう仕事、できそうですか?」あなたが誰かに大事な仕事を頼んだとき。

△残念な人

 「う~ん、ちょっとね、難しいので、できそうもないですねと顔を曇らせる。

◎成功する人

 「難しいけれど、できそうに思います。喜んで一所懸命やらせていただきます」と顔を輝かせる。

 「これこれこういう仕事、できそうですか?」と頼まれたときに、「できますよ」と言えれば、相手は安心します。

 ちょっと不安だな、自信がないなと思うときは誰にでもあります。

 それを「難しいですね」と言っていいると、チャンスを逃します。これからもう頼まれないでしょう。

 難しくても、「喜んで一所懸命やらせていただきます」と言う人は、結果的に多少うまくいかなったとしても、前向きな姿勢を評価されて、またこの次も頼まれるでしょう。

 ですから前向きな人は、これからもいい仕事がどんどんやってきて運が開ける人です。

 そして、どんどん「できる人」になっていくのです。

できる可能性はある

 ちょっと不安だな、自信がないなと思うときは誰にでもあります。

 でも、あなたも、ちょっと勇気をだして、「喜んで一所懸命やらせていただきます」と言っておきましょう。

 いまはできなくても、将来できる可能性はあります。

 「できます」は、可能性なのです。

 未来への可能性は広げておきましょう。

 「できます」と言えば、少なくともチャレンジできます。

 それだけでも大したものです。

 だいじょうぶ。

 チャレンジし続ければ、将来はできるようになるのです。

 「できる、できる、できる」

 「できます、できます、できます」

 何度も言っているうちに勇気が湧いてきますよ。

「できる!」と言っているとできるようになる。 

人の知恵を参考にすると成功できる~仕事がうまくいく話し方 残念な人は、「何かないですか?」と尋ねる。 成功する人は、「これどう思いますか」と尋ねる。 仕事がうまくいく話し方のヒントで...