いい考え方

運がいい人から学んだ人生がうまくいく5つの考え方

幸運になるには、コツがあります。

私はそれを運が良い人たちから学んできました。すると、私もだんだん幸運に恵まれてきたのです。

カンタンなことですが、その効果は抜群!運が良い人の小さな習慣を知って、何か一つでも、これはいい!と思うものがあれば、試してみてくださいね。

全部でなくていいのです。無理をしないで、できそうなもの次のようなステップをふんで・・・。

1ステップ  まずは試しにやってみる

2ステップ  2度、3度と繰り返す。

3ステップ  もっと繰り返して、習慣(クセ)にしてしまう。

紹介した小さなコツが習慣になったとき、あなたに、きっといいことが起こりはじめます。たくさんいいことが起こります。

あなたはさらに運が良くなります。そのあなたに相応しい素晴らしい人にも出会えます。

「運がいいね」と言われて否定しない

「あなたは運がいいですね」「ついてますね」「ラッキーだね」と言われて、運が良い人は決して否定しません。

 「はい、そうなんです」とか、「おかげさまで、ありがとう」とかと言って、あっさり肯定してニコニコしています。

特別にいいことがない日でも、「運がいい」と考えています。

「今日は特別に何もいいことがなかったからダメ」とは考えません。

「今日は特別に何もない平凡でいい一日だったな、ありがたいな」と考えます。

何か都合の悪い状況に陥っても、そうです。

事故でケガをしても、「たいしたことなくてよかったな」とか、「他の人にケガさせなくて助かったな。ラッキーだったな」と肯定的に考えます。

何か困難や障害に出合っても、「神様はこのあと素敵なプレゼントをくださるぞ」と前向きに考えます。

運が良い人にとっては、すべては「運がいい」つながっているのです。

運は不思議なもので、いつも「自分は運がいい」と考えている人のところにやってきます。

★運が良くなる小さな習慣

いつもラッキーだと考える!

運が強い人の考え方(松下幸之助)どんなに困難な状況にあっても、前向き・肯定的に取り組む人は、どんどん自分の道を切り開いていきます。 経営の神様、松下幸之助氏は、そのよ...

運が良い人の考えは、いつも前向き肯定的

運が良い人の考え方は、プラス思考です。

物事をポジティブに肯定的に考えることができます。

休みが半分過ぎたら、「もう半分終ったのか」と考えるのではなく、「まだ半分残っている」と考えます。

「もう30歳、もう若くない」と考えるのではなく、「まだ60歳、まだまだ若い」と考えます。

前向き肯定的でされば、ちょっと不都合なことがあっても感謝できます。

たとえば、傘を持たずに出かけて、急に雨が降ってきました。

ふつうの人は、「ああ、今日はついてないな」と思うかも知れません。

腹立ちまぎれに、まわりの人に文句を言う人もいます。

でも、運が良い人は違います。

「あっ、急に雨が降ってきた。何かいいことがあるぞ」と考えるのです。

そうすると、話しかけるきっかけの無かった人に傘をかしてもらって仲良くなれたり、車で送ってもらったり・・・。

いいことが次々と起こります。

そして、「やっぱり、いいことがあったな。ありがたいな」と感謝できるのです。

★運が良くなる小さな習慣

前向き、肯定的に考える!

今あるものを活かす 徳島県の上勝町の老人パワー徳島県の山奥に、すごい町があるのをご存じでしょうか。 徳島県の上勝町です。 何がすごいかというと、この町は、徳島市から路線バ...

運が良い人は、最初からあきらめない

運が良くなりたい人は多いです。

でも、最初の困難に出会うと、多くの人は、「どうせ、無理だから」「前例がないから」「もう歳だから」などと言い訳をつけて、最初からあきらめてしまいます。

最初からあきらめている人に、幸運はやってきません。

これまでの発明や新しい商品の開発は、みんながあきらめて無理だと思っていたことにチャレンジしたから生まれたのです。

みんなと同じことを同じようにやっていれば、みんなと同じものしかもらえません。

みんなと明らかに違うものを手にできる人は、他の人が無理だ、できないと思っていることにチャレンジした人です。

100人のうち99人があきらめていることにでも、チャレンジできる人。

お金がなくても、才能がなくても、実力がなくても、チャレンジできる人。

一回や二回や三回の失敗なんか当たり前だと思って、チャレンジできる人。

チャレンジできる人だけが、幸運の扉を開けられます。

困難を前にして最初からあきらめない人だけが、幸運の道を歩けます。

★運が良くなる小さな習慣

あきらめる前に行動する!

65歳で夢にチャレンジ(カーネル・サンダース)65歳以下の方に勇気と希望を与える話です。 ケンタッキー・フライド・チキンの創立者カーネル・サンダースさん。 彼が夢を実現させるため...

運が良い人はいつでも準備OK

神さまは、幸運の種をどこにでも落ちるように蒔いています。

それは、聖書のたとえ話にも出てくるように、農夫が種を蒔くのに似ています。

種は風に吹かれて、どこにでも落ちてきます。

種が石地の上に落ちれば、芽は出ません。

道端に落ちれば、鳥が来て食べてしまします。

茨の中に落ちれば、芽が出ても、すぐにふさがれてしまいます。

けれども、良い土地に落ちれば、そこで芽を出し育ち、三十倍、六十倍、百倍もの実をつけるようになります。

良い土地とは、水と光と栄養分が十分な肥えた土のあるところです。

それは決して偶然にあるものではなく、あなたが耕したものです。

そうやって準備した土地に、幸運の芽は育つのです。

準備されたよい土地でなら、幸運の種は三十倍、六十倍、百倍もの実を結ぶのです。

 この土地は、実はあなたの心です。

 自分の心を耕し、育てていますか。

 毎日、水と光と栄養を与えていますか。

心を耕している人には、幸運の芽が出て、根を張り、花を咲かせ、三十倍、六十倍、百倍もの実を結ぶのです。

★運が良くなる小さな習慣

日々、自分の心を耕そう!

1日1分間でも「瞑想」「黙想」にはスゴイ効果がある 近年、「瞑想(マインドフルネス)」の良さがさかんに喧伝されていますね。 欧米のビジネス界の超一流の人物達やエリートたちが(日本人も)...

運が良い人は、試練にも感謝する

何かを始めると、必ず、困難や障害が起こります。

それは神さまが与えた試練です。

神さまは、わたしたちが乗り越えられない試練を与えることはありません。

試練と同時に、それを乗り越える力も与えてくださいます。

ただその受けとめ方によって、違いがでるのです。

マイナス思考の人は、「なぜわたしだけこんな目にあうのだろう。ついてないな」などと文句を言います。

そして、他人のラッキーをねたみ、自分の不運を人のせいにして、さらに不幸の呪縛に捕らえられてしまうのです。

逆に、プラス思考の人は、同じような試練を前にしてもポジティブにとらえます。

明るい気持ちで、「神さま、この試練を与えてくださりありがとうございます」と感謝できます。

そして、試練を前向きに乗り切るように全力で取り組みます。

そうすることで、さらに成長し、他の人からも信頼され助けられます。

いつのまにか、試練を乗り切り、新しい幸運も手に入れているのです。

運が良い人には、ピンチもチャンスなのです。

★運が良くなる小さな習慣

ピンチのあとに大きなプレゼントがあると考える!

ピンチをチャンスに変える(トーマス・エジソンの日記から)▼世界の発明王、トーマス・エジソンの日記です。 私は、耳が不自由になって以来、想像力が無限に広がった。 それと同時に、よ...

 

 

ラッキーを手にできるのは、プラス思考の人です。

★運が良くなる小さな習慣

プラス思考で取り組む!

困難な問題を解決するため自分にどんな質問をすればいいか? 「世の中には福も災いもない。ただ考え方でどうにでもなるものだ」(シェイクスピア) ▼『心のチキンスープ 愛の奇跡の...