いい習慣

運が良い人が心がける5つの小さな習慣 

幸運になるには、コツがあります。

私はそれを運が良い人たちから学んできました。すると、私もだんだん幸運に恵まれてきたのです。

カンタンなことですが、その効果は抜群!運が良い人の小さな習慣を知って、何か一つでも、これはいい!と思うものがあれば、試してみてくださいね。

全部でなくていいのです。無理をしないで、できそうなもの次のようなステップをふんで・・・。

1ステップ  まずは試しにやってみる

2ステップ  2度、3度と繰り返す。

3ステップ  もっと繰り返して、習慣(クセ)にしてしまう。

紹介した小さなコツが習慣になったとき、あなたに、きっといいことが起こりはじめます。たくさんいいことが起こります。

あなたはさらに運が良くなります。そのあなたに相応しい素晴らしい人にも出会えます。

運が良い人は、小さなことを大きく喜ぶ

笑っている人、喜んでいる人のところへ、幸運はやってきます。

「うれしい」ときには、「うれしい」と言いましょう。

「うれしい」と言うと、もっとうれしくなります。

あなたの「うれしい」が、まわりの人にも伝わります。

小さなことに「うれしい」をみつけましょう。

さらに、他の人にいいことがあったときに喜べる人は、喜びの達人です。

いい友だちは、悲しんでいる人といっしょに悲しみ、喜ぶ人といっしょに喜ぶ人です。

友だちの幸運を見たら、積極的にいっしょに喜んであげましょう。

「おめでとう」「よかったね」と祝福しましょう。

「おめでとう」「よかったね」

何度も言っていると、あなたもハッピーになれます。

友だちが喜ぶ様子を見て、あなたもうれしくなります。

喜びはそれを祝福する人にも伝染します。

人の祝福する言葉は、自分にも喜びをもたらします。

★運が良くなる小さな習慣

 小さなことを大きく喜ぼう!

今日からハッピーになれる~喜びさがし遊び(ゲーム)エレナ・ポーター著『少女パレアナ』という本を読んでみました。 面白かったです。元気がでてくる本です。 あなたもきっと前向きな気持ちに...

運が良い人は、いまを楽しむ

物事は、楽しんでやるのが、うまくいく近道です。

楽しんでやるのが、長続きする方法です。

一日に何時間もする仕事を、楽しんでやりましょう。

えっ?いまの仕事は好きじゃないって?

それなら、好きな仕事をすればいい。

または、いまの仕事を好きになればいい。

いまの仕事を好きになるには、いまの仕事の面白いところを見つければいいのです。

どの仕事でもその道のプロになろうと思ったらカンタンではありません。

だから、目標をもって、自分の頭で考えて、一生懸命チャレンジすれば、面白いところはきっと見つかりますよ。

ゲームのように面白くて、人間として成長できて、おまけに報酬もあります。

勉強も同じ。

目標を決めて、一生懸命チャレンジすれば、きっと楽しくなります。

遊ぶ時みたいに、仕事や勉強も楽しんでやりましょう。

明日のためにいまを犠牲にするのではなく、今日、いましていることで楽しもう!

★運が良くなる小さな習慣

 いましていることを楽しむ!

仕事がもっと楽しくなる6つの考え方仕事ってお金ためだけにするわけではありません。 仕事をすること自体で、生きがいや楽しさは生まれるのです。 仕事がつまらないと感じてい...

運が良い人は、心配事は明日考える

夜眠れないくらい心配になることがありませんか。

そんなときにする運が良い人のカンタンな方法。

1.自分のモヤモヤする気持ちを紙にダッーと書き出す。

「明日の試験、うまくいくかとても心配。うまくいくかな、どうかな。雨が降ったら、どうしよう。いつも電車に乗り遅れたらどうしよう。遅刻しないかな」

紙に書き出すことで、気持ちが少しは落ち着きます。

そして心配事が客観的に見えてくると、自分で自分にアドバイスできます。

「なーんだ、たいしたことない」「大丈夫、何とかなるよ」「心配することなんかないよ」

2.考え事は「明日」にする。

夜に考えると、どうしても否定的になりがちです。小さな心配事を繰り返し繰り返し考えて大きくしてしまいます。

たいていのことは、次の日になれば解決しているのに・・・。

ですから、考え事は、夜ではなく次の日の朝に延期しましょう。

太陽が昇って、まぶしい光が当り、朝ご飯をしっかり食べてからにしましょう。

夜になったら、考え事はもうお休み。

「もう遅いから、明日にしよう」

自分に言って聞かせて、さっさと寝るのです。

朝陽が昇れば、本当にたいていのことは解決します。(いや、もう解決しています)

★運が良くなる小さな習慣

 心配事は、朝陽を見ながら考える!

運が良い人は、笑顔を磨いている

笑顔は最高の化粧水です。

よく「一怒一老」「一笑一若」といいます。

怒っているとストレスがたまり、すぐにふけこみます。

それに怒っている顔って、どうしても醜くなるのです。

笑っているとストレスがふっとび、いつまでも若々しい。

笑っている顔って、可愛らしく美しい。

いつでも若々しく美しくありたければ、笑顔を磨けばいいのです。

カンタンです。

鏡を見るときは、自分を見てにっこり笑いましょう。

「まあ、素敵。まあ、素敵、まあ、素敵」

と十回言いながら、笑顔の練習をするのです。(笑)

そうすると、(馬鹿馬鹿しくて?)笑顔になれます。

ますます素敵な顔になります。

その笑顔であなたに出会う人にあいさつする。

名前を呼ばれて返事をするときに、その笑顔で答える。

お礼を言うときにその笑顔で言ってみる。

まわりの人はもっとあなたを好きになります。

★運が良くなる小さな習慣

笑顔を磨く!

笑顔の効果「笑う門には福来る」(ことわざ)幸運は明るい人のところへやってきます。 人間の明るさは、笑顔に表われます。 明るい笑顔の人のもとには人が集まります。 あなたは、物...

運が良い人は、お礼を優先させる

直接会ってお礼が言えない場合、お礼の気持ちをどう伝えますか。

1.電話で 2.メールで 3.はがきで 4.手紙で

やはり最も手間隙かかるものが喜ばれます。

もちろんお金をかける贈り物は喜ばれますが、心をこめてはがきや手紙に感謝の思いを綴ることも喜ばれます。

電話は親しい間柄ならお互いの声が聞けていいですね。

でも、仕事中、電話がかかってきて、急に呼び出され、

「先日は、わざわざ〇〇をお贈りいただきありがとうございました」

などと電話口で丁寧に言われても、

「なんだそれだけの用件だったのか、この忙しいのに・・・」

と嫌がられることもあるかもしれません。

それなら、メールやファックスで連絡をした方がいいでしょう。

「○○を今日、ご著書を拝受いたしました。ありがとうございます。楽しみに読ませていただきます」

これだけで、贈り主は「ああ、ちゃんと着いたんだな」とほっとするものです。

運が良い人は、相手との関係や状況に応じて、いろいろと方法を変えています。

ただ、どの方法であってもお礼の返事がとても早いというのが特長です。

お礼の気持ちはすぐに伝えるのが、運の良い人になるコツです。

★運が良くなる小さな習慣

お礼の気持ちを24時間以内に発信する!

最後まで読んでくれてありがとうございます。